2013年09月16日

ドイツ旅行記<7日目>2013年8月13日

ドイツ旅行もいよいよ後半です。
大雨のフュッセンを後にして345キロ離れたハイデルベルクへ向かいます。
ハイデルベルク城を見て、マルクと広場、サルの銅像が有名なカール・テオドール橋、旧市街を散策します。
この日の現地ガイドYさんは、なんとワイマールで小泉元首相の通訳をされていた方でした!
小泉元首相は原発反対派であり自然エネルギーが盛んなドイツに視察に来られたそうです。
奇特なご縁ですごい親近感がわきました!

ハイデルベルク城は日本人にも超人気のお城です。戦争で壊れたままの状態で保存されているのがいいのでしょうか。でも石造りのいかにもヨーロッパのお城って感じでした。
有名な一夜門もありました。表は装飾が豪華ですが裏はのっぺらぼう。さすがに一夜に両面の装飾は無理だったようです。
7日目-12.jpg 7日目-21.jpg 7日目-20.jpg 7日目-31.jpg 

左からハイデルベルク城、城の中にある世界一大きいワイン樽、ワイン樽の前にいる道化師ペルケオの像、城から眺めた旧市街です。
ハイデルベルクは学生の街だそうで、ドイツ最古の大学があります。
精霊教会には日本の原爆犠牲者を追悼し平和を願うステンドグラスがありました。
DSC03283-1.jpg
右下に1945 8 6と書かれています。

その後カール・テオドール橋に行きました。
7日目-47.jpg

有名なさるの銅像。
7日目-56.jpg

手に持っている金の玉を触るとお金持ちになれるらしい。しっかり何度も触ってきました。
ついでに顔を中に入れてパチリ
7日目-49.jpg

橋から見た街の風景
7日目-54.jpg

ここでは自由時間が若干あり、娘がシュタイフのくまの小さいぬいぐるみキーホルダーを買いました。
あと、ローテンブルクが本店のお店で木の人形(本当は香を炊いて香りの煙を出すものらしい)を買いました。
これが唯一の我が家のお土産。
その他-06.jpg

添乗員のSさんが娘とおそろのシュタイフのキーホルダーを買っていたので、「娘さんのお土産ですか?」と聞いたら、「えへへ、どうでしょうねぇ」なーんて言っていたので、見た目に寄らずガールフレンドへのお土産かしら?と旦那と話していました。

今夜の宿があるフランクフルトへ移動し、町のレストランへ食事に行きました。
その時に添乗員のSさんから「誕生日プレゼント!」とシュタイフのキーホルダーをいただきました。
えー!私へのプレゼントだったの! 45歳にもなると誕生日プレゼントなんてもらうことなく、なんかとってもうれしくて愛用のガラケーにつけています。
その他-09.jpg

茶色のが娘が買ったやつ。白のやつが私がSさんにいただいたものです。
Sさん、ありがとう!
posted by ひららん at 18:58| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。