2013年05月09日

GW観光 食事編

今回はせっかく愛知と東北から両親、弟一家が来たので、ザ・東京ってところで食事がいいよねと初日は六本木の台湾鍋やさんを予約しました。
「石頭楼(スートウロウ)」と言うお店で、5,250円の鍋料理のみ。
全室個室みたいで、私たちは10人だったのですが割とゆったり目の部屋でした。
台湾料理は初めてでしたが、もとは韓国の宮廷料理だったそうです。
姪っ子(小3、年長)の分はたのまずに、10人で8人前だったのですが、それでも残してしまうくらいの十分なボリュームで、とてもおいしかったです。
最後の雑炊、ラーメン(どちらか選べる)もとってもおいしかったです。

そして2日目は弟一家はTDLとのことで、大人だけだったので恵比寿のフレンチを予約しました。
ここがまた超大当たりでした。
同じく5,250円のコースのみでカウンター6席とテーブル8席分しかないこじんまりとしたお店ですが、料理も独創的で非常においしかったです。割と有名なお店で修業したシェフが出したお店のようです。
「レ マリアージュ ドゥ ガク」と言うお店です。
大変おいしく満足でしたが、私たち6人で支払った金額は飲み物代を入れても4万5千円ほど。
満席でしたが、あと8人だったから6万円弱?とか計算してしまい、平日は満席にならないだろうし、やっていけるのか?とかいらぬ心配をしてしまいましたが、既に6月末まで平日も予約でいっぱいでした。
いや、あの料理があの値段でいただけるのは本当にお得です。店員さんの態度も非常によくとてもゆっくりくつろげました。
難点は我が家から恵比寿はちょっと遠すぎて気軽に行ける場所ではないこと(そもそも私、19歳からかれこれ25年首都圏にいますが、恵比寿で下車したのはこの時が初めてだったかも!)。
何かの記念日にでもまた行けるといいな。

と言うことで、今回は2件とも初めてのお店でしたがとっても大当たりでした。
posted by ひららん at 20:28| <日記> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。