2013年08月31日

ドイツ旅行記<4日目>2013年8月10日その3

いよいよローテンブルクに到着です。ホテルは「ホテル ゴルドナー ヒルシュ」。ホテルの目の前がプレーンラインです。
まずは部屋割りです。私たちは義両親も含めて3部屋だったので3つ鍵をもらいました。うち1個を息子(うちは男女別の部屋)が取り1つ義両親に渡し、自分の部屋にはいりました。
すっごい可愛い感じの部屋で窓から見える景色がこんな感じ。
5日目-08.jpg
(翌日の朝撮影)

ところが!息子と旦那の部屋は裏に面していて見える景色が非常階段。部屋の作りもヨーロッパタイプのホテルって部屋によってさまざまで、女子部屋と義両親の部屋は部屋が割と広めでしたが、男子部屋は部屋が狭めな代わりにバスルームがものすごーく広かったです。なのに何故かトイレはバスタブのすぐ近く、なのにシャワーカーテンなしと言うなんとも使いづらい構成だったそうです。
(次の日も息子と旦那の受難は続く)
しかもテレビも女子部屋は32インチ程度の液晶、男子部屋は14インチ程度のブラウン管、しかもつかない(笑)。

荷物をおいてすぐに別のホテルに夕食に向かいます。
4日目-009.jpg 4日目-010.jpg

やっぱりローテンブルクはいいな。23年前にはもっとじっくり観光しました。
なんと!市庁舎が工事中で唯一仕掛け時計が見れるチャンスだったのに(22時まである)見れませんでした。もう残念無念です。

夕食はツアーでよく使われるシュランネってホテルでしたが、ここもう観光人価格で飲み物がびっくりするくらい高かったです!でも、食事はおいしかったです。
一人1本鳥モモでした。いやー食べごたえありました。

食事の後は自由時間だったので空いているお店をみつけて名物シュネーバルを買ったり(翌朝お土産にもたくさん買えました)、城壁を歩いたり、教会を見たり結構楽しめました。
4日目-017.jpg 4日目-020.jpg 4日目-024.jpg

お店もかわいー。
4日目-025.jpg 4日目-030.jpg 4日目-028.jpg

あーやっぱりローテンブルクはテンションあがるなー。
娘はちゃっかり夕食に行く前にホテルの真ん前にあった経営者の奥様が日本人と言うお店で木の人形を購入(写真を撮ってなかった)。

ここまででまだお土産を全く変えていなかったので、ちょっと心配になってきました。
もうね、ある意味束縛されすぎて自分のものも全く買えず、お金を使わなかった(使えなかった)です。
posted by ひららん at 23:06| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ旅行記<4日目>2013年8月10日その2

昼食後アイゼナハに向かいました(メモってないから何食べたか記憶にないし)。ロールキャベツだったかな。
アイゼナハではバルトブルク城だけを見学しました。
このお城もなかなか中世のお城ってイメージそのものでした。
バスの駐車場から階段と坂道を結構のぼる必要があり、年寄りばかりのグループだったので、みんなヒーヒーしていました。普段運動している私には走って往復できる程度のものでしたが。もっと高齢の方もいるのになんとうちの義母がビリっけつで、予約の時間が割とギリギリとかでヒヤヒヤものでした。

4日目-074.jpg 4日目-079.jpg

こんな塔もあって、イタリアののとき塔があれば必ず登った私たちは登りたかったのですが、自由時間は8分くらいしかなく、有料だったので途中で引き返すのも悲しいのでやめました。

中にもなかなか素敵な装飾品がたくさんありましたよ。
しかも!若いイケメンの日本語が流暢な男の子が案内人でした。
この男の子、とっても日本語が上手なのですが、「まだまだ勉強不足で日本語で説明するのは難しいのでテープを流させていただきます」と言っていました。
いや、それだけしゃべれればすごいだろう。
最後に男の子に「失礼ですが年はいくつですか?」と聞いたら「はたえです」と言う返事が。
すげー、20歳じゃなくて”はたち”と言えるなんて。。。

時間があればこのお城は結構見応えありました。一応世界遺産だし。
でもハイデルベルグ城の方が人気ですよね(こっちは世界遺産ではない)。

そして今夜の宿であるローテンブルクへ270キロひた走りに走ります。
格安ツアーは移動がバスなので本当にこの移動時間がもったいない!けど仕方ないね。
子供が独立して夫婦だけで旅行に行けるようになったら、最高16人とかのツアーに参加できるようになりたいものです(そのころは今より貧乏かも?)。

ローテンブルクは城壁内のホテルなのでもう楽しみでした。
実際とってもよいロケーションで部屋から見える景色もテンションあがる感じでもっと早い時間に着きたかったです(17時半着とかだったのでゆっくり買い物もできませんでした)。
ただ21時過ぎまで明るいし、晩御飯が違うホテルだったので、晩御飯のレストラン後しばらく町散策ができました。
それは次の記事で書きます。
posted by ひららん at 22:45| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

ドイツ旅行記<4日目>2013年8月10日その1

4日目の午前中はワイマール観光から始まりました。
ワイマールも旧東ドイツです。芸術の街でゲーテが亡くなった街でもあります。
4日目-042.jpg 4日目-054.jpg

左が街の教会。右がゲーテハウス(ゲーテが亡くなった家)です。
ゲーテが生まれた家はフランクフルトにあります。
ここでは朝も早くすべて外からの観光です。
ゲーテハウスの前でガイドさんと説明を聞いていた時のこと、後ろのほうでザワザワ、旦那を呼ぶ義母の声に私も思わず振り向くと、、小泉元首相がいました!
もう国会議員を辞めたはずなのにSPたくさん連れてゲーテハウスの中へ。
小泉さん何をしにゲーテハウスへ?
#奇特な縁でこの後、小泉元首相が渡独された理由が分かります。

全体を通して正直ここは見なくてもよかったかな。
代わりに早く移動して、早くローテンブルクに着いた方がよかったです。

午後はアイゼナハで世界遺産ヴァルトブルク城の観光です。
このお城はなかなかよかったです。
posted by ひららん at 22:01| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ旅行記<3日目>2013年8月9日(本日のホテル編)

本日の観光はもう終わりですが、この日のホテルの紹介です。
本日のホテルはコンフォート ワイマール。見た目は団地のようです。
3日目-43.jpg

でも部屋の中はまあまあよかったです。
ベルリンのホリディ・イン・ウェストも十分な広さがありましたが、こちらもツインの部屋にスーツケース2つ広げても十分な広さがありました。
ただ、ドライヤーがなかった!
ショートヘアの私は乾燥したドイツでは自然乾燥でもすぐ乾くのですが、量多いのにロングの娘は大変でした。

そうそう、ベルリンのホテルとここはお風呂にスイッチ1つで入る壁掛け電気ストーブみたいなのがあり、洗濯物がすぐ乾いてよかったです。
夕食はホテルでしたが初のお魚でしたが、若干残念な感じでした。
posted by ひららん at 21:45| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

ドイツ旅行記<3日目>2013年8月9日

本日は私の45回目の誕生日!でした。
なのに雨。しかも海外旅行(独身の頃いったイギリスを除く)で初めての雨。そして極寒でした。

まずは2泊お世話になったホリディ・イン・ウェストを出発しマイセンへ。
マイセンでは工房を見学しショッピングの時間がありました。
イタリア行ったときカメオのピアス(確か140ユーロくらい)とベネチアングラスのピアス(20ユーロだけどおまけでくれた)を買ったので、マイセンのピアスか指輪がほしいなぁと思っていたら、ありましたよ。
でも桁が1つどころか2つ多い値段でした。
日本円で80万〜200万円くらいの代物ばかりでした。
義母は食器をいくつか買っていたようですが、私にはアウトレットショップでも手の出ない値段ばかりでした。
3日目-06.jpg

お昼ご飯(ドイツ名物ロールキャベツ!おいしかったです)の後はドレスデンへ。
ドレスデンも旧東ドイツです。
今は全然面影ないですが、やはり後半の西ドイツのほうが全体的に街が明るい陽気なイメージに感じました。
ここの建物はすべて石に鉄分が多く含まれているそうで年数が経つほど黒ずんでくるそうで、重厚なイメージでした。
見学したのはゼンパー・オーパー、君主の行列、ドレスデン城です。ドレスデン城の中のアルテマイスター(美術館)のみ入りましたがここは撮影禁止でした。
3日目-17.jpg 3日目-33.jpg 3日目-38.jpg

君主の行列は見応えありました。エルベ川の周りも綺麗だったな。でもとにかく寒かったです。
ロングのスキニーパンツ、半袖シャツ、長袖パーカー、ウィンドブレーカーでも芯から冷える寒さでした。
posted by ひららん at 22:15| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

ドイツ旅行記<2日目>2013年8月8日 その2

2日目の午後はポツダム市内観光です。
この日初めて知ったことが1つあります。ベルリン市内にもポツダム広場ってあります。このポツダム広場とポツダム市の関係です。
ポツダム市のほうにある広場ってことで「ポツダム広場」と呼ばれただけだそうです。
ついでにもう1つ。これは知っている方が多いと思いますが、ベルリンの壁は西ドイツと東ドイツを分けていたものではありません。ベルリンがそもそも東ドイツの中にあり、その中の西ドイツだけを囲んだものだそうです。
でも、西ドイツは自由、東ドイツは共産主義だから囲まれた西ドイツに行きたがってたくさんの方が命を落としたそうです。普通の西ドイツと東ドイツの国境は有刺鉄線みたいなもので仕切ってあったそうです。

ポツダムではかの有名なポツダム会談が開かれたツェツィリエンホーフ宮殿とサンスーシー宮殿に行きました。
ツェツィリエンホーフ宮殿はこれです。外観は宮殿って感じではないですよね。
2日目-30.jpg

ここにしばらくアメリカのトルーマン、イギリスのチャーチル、ソ連のスターリンが滞在したそうです。その部屋とかポツダム会談が開かれた部屋を見ました。
今は一部はホテルとしても使われているとのこと。こういうホテルに泊まれる豪華ツアーに参加したいものです。
それにしてもこのあたりの歴史は駆け引きもあって難しかったです。
ポツダム会談はアメリカ、イギリス、ソ連で実施されたのに、ポツダム宣言はアメリカ、イギリス、中国で出されたとのこと。それはソ連のスターリンを陥れようとしたアメリカの画策があったようです。
ポツダム会談で同時に日本との終戦の話もする予定だったそうです。日本はその当時、無条件じゃなく条件付き降伏をすると言っていたそうです。その条件が「天皇を象徴とする」ことだったようです。
でもアメリカは日本の話は一切せずに会談を終了させたとか。詳しいことを知っている人から見ると詳細が間違っているかもしれませんが、ガイドさんはそういう風に言っていたと記憶しています。
難しいわ、話は早いわ、暑いわ(この日は建物の中は暑かった)、メモ取ってないわで記憶はあいまいです。
でもこの後もあちこちでドイツが同盟国日本を思ってくれていたことを感じました。

そしてサンスーシー宮殿はとてもきれいな宮殿でした。
2日目-24.jpg  2日目-27.jpg

左の写真がバチカンみたいでしょう? ちょっとローマを意識して作ったそうです。だからこの宮殿から見える丘の上に遺跡っぽい建造物がありましたが、それは建てられた時から遺跡風に建てられたそうです。
そこまでローマを意識したそうです。
やや暑かったですが、うだるほどじゃなく青空の中とても綺麗でした。
これの後もお城はたくさん見ましたが、これは見た中でも上位に入る美しい宮殿でした。
もう少しゆっくり中も見れればよかったな。

夕食はポツダム広場(ベルリン市)の近くにある「リンデンブロイ」と言うビアレストラン。
2日目-34.jpg

なんと1リットルのビールもありました!
写真は330mlと500mlと1リットルのビールです。メニューはローストポーク。結構なボリュームでした。

そしてホテルに帰った後、ベルリン市内に遊びに行こうか、でもまだ時差ボケで子供たちもお疲れだなと思っていたら、旦那の親がサプライズでケーキパーティをしてくれました。
(本当の誕生日は8月9日なんですが)
添乗員さんに頼んでホテルにあらかじめホールケーキを頼んでいてくれたらしい。
このケーキおいしいんですが(ドイツはスイーツはなんでもおいしかった)、何しろ大きい!
とても6人じゃ食べきれず、まだ時間も早かった20時くらいのでたまたま近くのテーブルにいた、アメリカ人(だと勝手に思った)一家に2人小さい男の子がいたので思い切って「よければ食べてもらえないか」と聞いてみた。
何を言っているのか全く聞き取れなかったけど、おそらく「我が家はそういうものは食べさせない主義なんだ」と言うようなことを言っていたけど、最後に子供に「食べる?」とアメリカンパパが確認し、子供が「うん」と言ったら快くOKとなり、2切れ食べていただきました。
ありがとうございます。
posted by ひららん at 21:49| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

ドイツ旅行記<2日目>2013年8月8日 その1

初日とこの日とベルリンのホリディ・イン・ウェストに2連泊でした。
でもこういう普通のホテルに2連泊できるんだったらいいかな。
さて2日目は曇が多めながらも晴れ。さすがにそこそこの暑さでした。でもたぶん最高気温は30度切る程度で湿度はないのでさわやかでした。
朝も寒いほどじゃなかったです。この日だけかな、1日中半袖だったのは。。

まずはベルリン市内観光です。
わたしベルリンは22年前に来たことあります。その時はもっとたくさん壁がありました。東ベルリン側は怖くて長時間いられませんでした。
でも今はまったくそんな雰囲気は跡形もなくなっていました。(見えない差別みたいなのはあるのかもですが)
ベルリンの壁と壁の跡が記された道路とブランデンブルク門です。
2日目-04.jpg  2日目-05.jpg  2日目-06.jpg
バスの中からユダヤ人犠牲者記念館も見ました。結構圧巻でした。地下にある展示室も行ってみたかったな。

ホテルは駅まで徒歩数分(3〜5分)とかなので自分で遊びに来るのも全然可能です。
でもなにしろこのツアーとにかく夜も遅くまで引っ張りまわされたのと、いろいろあって夜ベルリンの町に繰り出すことはできませんでした(計画ではこの日の夜行くつもりだったんだけどね)。

そしてペルガモン博物館に行きました。
この博物館は、博物館の島と呼ばれるシュプレー川の中州にあります。ほかの建物はバスの中から見たくらいでしたが(もう最初から最後まで慌ただしいツアーだったので)圧巻でした。
そしてこの博物館、中もすごい。なんと宮殿が丸ごと展示してあったりしました。でも細かいことはメモも取ってないので割と忘れました(勉強熱心なツアーの方はメモとりながら歩いてましたが)。
2日目-08.jpg  2日目-09.jpg  

そしてお昼ご飯。
牛肉の煮込み料理(グヤーシュと言うらしい)をいただきました。
日本人に合わせたボリュームだったのでこの先だいたい全部完食でした。

飛行機の中でビールでしたが、昼もビール。この日の夜もビアガーデンなのでもうビール漬けの毎日になりそうです。
でもドイツビールっておいしいんです。それに安いし。お店によって値段もまちまちでしたが、安いところでは500mlで4ユーロとかです(ちなみに水は330mlで3.5ユーロとかです)。
2日目-21.jpg

そしてドイツのスイーツはなんでもおいしい。
甘さも控えめで本当においしいです。料理は若干はずれのレストランもありましたが、デザートだけは全部おいしかったかな。
午後はポツダム市へ。ポツダム会談が開かれたツェツィリエンホーフ宮殿に行きました。サンスーシー宮殿も外だけ見ました。それはまた次の記事に書きます。
posted by ひららん at 19:25| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ドイツ旅行記<出発>2013年8月7日

娘の受験が終わり、フル稼働で家計を計算し「なんとかヨーロッパに行けそうだ」と結論を出してすぐに申し込んだドイツ旅行。
申し込みが2月上旬だったので「やっとこの日が来たか」って感じでした。

今まで海外旅行はすべてルックJTBでしたが、今回は初めて旅物語で行きました。
感想といては旅物語はネットのみなので旅慣れている方が多かったです。
年齢層はイタリアのときよりかなり上で、70代のご夫婦と思われるような方もいらっしゃいました。
いや、みなさん活動的です。そしてお元気でした。
もちろん娘が最年少でした。娘、息子、42歳の女性、旦那、私の順の若さでした。

そして今回は添乗員のSさんがとてもよかった!
50代と思われる男性の方で「うちの○○課長に似てる〜」って感じなのですが、人柄もよく勉強熱心でとてもよかったです。
またSさんが添乗員の旅行に参加したいです。

朝9時45分のルフトハンザ便だったので成田空港集合が7時45分でした(イタリアのときは3時間前集合だったように記憶しています)。
それから受付をやってチェックインして出国したのはもう出発の50分前くらいで、免税店もゆっくり見る暇がなかったです。
今回は義両親も一緒だったのですが(ただしお金はそれぞれ)、義母が姪(旦那のいとこ)に頼まれた化粧品と義母のバックを買っただけであわただしく機内へ。

そうそうルフトハンザは機内食はおいしいし客室乗務員もとても対応がよいのですが、事務周りがダメなのか行きは4席は近くでしたが2席は遠く離れていました。それも一人ずつ。
幸い私の隣の方が旦那と席を替わってくれたので、退屈な時間を過ごさずすみましたが、実は帰りも。しかも私たちだけじゃなくてほとんどの一緒の参加者がバラバラの席。
しかも乗った後にダブルブッキングで席変わったらまたダブルブッキングとかで、どうなってるの?って感じでした。

飛行機に乗った瞬間から日本に帰るまで現地のものしか口にしないがモットーなので、もちろん「ドイツビール」と洋食でまずは乾杯!
最初の食事はあまり記憶にないですが最後の食事(一応昼ごはん)のラビオリがとてもおいしかったです。

行きはフランクフルトで乗り換えてベルリンへ。ベルリン行の飛行機が40分くらい遅れました。
この時は席はみんな近くでした。
初日のホテルはホリデイ・イン・ベルリン・ウェスト。
2日目-01.jpg

バスタブもあり部屋も綺麗で広く、イタリアのときのホテルよりとーってもよかったです。
(添乗員さんの話ではドイツはこういうのが普通らしい)
なによりシャワーがハンドシャワーなのが最高でした(すべてのホテルでハンドシャワーでした)。

とりあえず初日はホテルに着いたところで終わりです。
さすがに眠くて爆睡しましたが、時差ボケなので何度も朝までに起きました。。
でもイタリアのときと違って静かに眠れました。
posted by ひららん at 20:32| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

汗がくさい

ドイツ旅行記は写真の整理ができてからゆっくり書きます。

昨日は旅行後初のジムに行きました。
スタジオで滝汗かくと、それはきれいな汗なのでそんなににおいません。
一応滝汗かくと次のスタジオの前に着替えますが、服がにおうとかあまりないんです。
でも!昨日は臭かった。
脱いだ服も体も臭くて、思わず手持ちのウェットティッシュで体を拭いてしまいました。

家に帰ってきて洗濯機にウェアを入れる時も臭い!
これまで運動もせず肉ばかり食べていたので、体の中から臭くなっているのかもしれません。
昨日でにおいを出し切っていればいいけれど、今日も臭いかな。。

やっぱり日々の運動は必要ですな。
posted by ひららん at 10:03| <日記> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

ドイツ旅行記<はじめに>

今朝ドイツから帰ってきました。暑い!眠い!
直前まで世界の天気予報をネットで見ながら持っていく洋服を迷っていましたが、とても涼しかったです。寒いくらいでした。
ドイツは日本よりかなり緯度が高いので、日照時間が長く、1日の最高気温が16時〜17時頃に出るそうです(あくまで夏の話です)。なので午前中の観光のときは、シャツに長袖パーカーでも寒いくらい、午後や夕方の観光のときは上着なしでもOKくらいでしたが、着ても汗ばまない程度。ただ美術館は博物館の中は基本冷房なしなので、そういうところは若干暑かったくらいでした。
私はノースリープか半袖シャツ、薄手のポリエステルのカーディガン1枚、パーカー1枚、ウィンドブレーカー1枚持っていきましたがちょうどいい感じでした。
パンツもひざ下と長いものと持っていきましたが、全部長いものでもよかったです。

旅行日程はいかの通りです。
8/7(水)午前便で出発。フランクフルトで乗り換えベルリンへ。
8/8(木)ベルリン市内観光、ポツダム市内観光
8/9(金)マイセン観光、ドレスデン観光
8/10(土)ワイマール市内観光、アイゼナハのお城観光
8/11(日)ローテンブルク市内観光、ニュルンベルク市内観光、レーゲンスブルク市内観光
8/12(月)ミュンヘン市内観光、ヴィーナス巡礼教会、ノイシュバンシュタイン城
8/13(火)ハイデルベルク市内観光
8/14(水)リューデスハイム散策、ライン河クルーズ、ケルン市内観光、ブリュールのお城観光
8/15(木)フランクフルト市内観光、午後にはチェックイン

とっても盛りだくさんのツアーでしたが、格安ツアーなので移動がバスで時間もかかり、お土産を買う暇もないくらい忙しいツアーでした、
まだ添乗員付ツアーは2回目なので私たちも不慣れでしたが、次回は予約するときにどういうツアーが自分たち向なのかポイントがつかめそうな気がします。
いろいろ連れて行ってくれるのはよいけど、もう少し自由時間も欲しかったです。
ただ添乗員さんがとてもよくて、全体的に満足できる旅行となりました。

旅行記は後日ボチボチ書いていきます。今日はもう眠すぎて、あと約5時間寝ないでがんばるのみです。
posted by ひららん at 14:51| 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

ベリーハフラ

いつも通っているジムのベリースタジオレッスンでお友達になったNさんがたまたま息子と小学校同級生だったのですが、Nさんはとってもベリーダンスが上手なんです。
で、とってもアクティブで9月にベリーハフラを開くということで、ダンサーとして駆り出されてしまいました。
もちろんソロではなく4人です。
しかも!私たちのダンスの曲、振り付けもみーんなNさんがやってくれました。感謝!

私たちに合わせて基本的な動きの組み合わせなのですが、それでもとても彼女のようにきれいに踊ることはできず、というよりまずは覚えることから先です。

7月中旬からレッスンを開始しました。
ズンバのイベントもあったりして7月はちょーハードでした。先週からNさんが旅行でレッスンはお休み、明後日から私が旅行なので今週末のレッスンを休むので、次のレッスンまでに覚えておかなくっちゃです。

ちゃんとできたらとても素敵なダンスなのでがんばりまっす。
posted by ひららん at 19:50| <日記> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

おまぬけな娘

天然なのかただのアホなのか、うちの娘はほんとーにおまぬけです。
中1にもなって、総武線はJRだ、京成は私鉄だってことも知らず、小6の後半、日曜特訓で総武線で津田沼まで通っていたのに言われるがまま「黄色い電車」とだけ思い込み、友達のお母さんに
「Nちゃん、総武線?京成線?」と聞かれても
「電車」と答えたらしいおまぬけな娘。

今日も友達と美術館に行く(学校の宿題)と出かけたのですが、「東京都美術館」は「東京駅」と思い込んでいた娘。
「えー東京って東京駅だけじゃないの?」って銀座だって恵比須だって行ったことあるじゃん!

昨日電話した友達にあわてて朝電話して
「今日行く美術館は上野駅だって」と伝えると当然相手は知っていた様子。
「え、知ってた?」
もう笑うしかない。

そして娘が出かけたあと、しっかり者のMちゃんが心配して
「Nちゃんどこの美術館行くって言ってました?」って電話かけてきました。
友達の間でもおまぬけなんだろうな。

お母さんになったら子供がしっかりしそうです。
posted by ひららん at 08:55| <日記> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。